VioStor

Viostor Series

Viostor Series Lineup

VioStor Series の特徴

■PCからのライブ映像閲覧時の画面表示は最大64分割

画面レイアウトは1/2/3/4/6/8/9/10/12/16/20/25/36/42/64分割。シーケンシャル・モードにも対応しています。また、自由なサイズでレイアウトを変更することも可能です。


■モニタリング画面上から各種操作が可能

画面中のコントロールパネルやアイコンから、カメラのコントロール、映像の再生といった各種操作が可能です。


■クリック&センタリングとプリセット自動巡回機能

VioStorではPTZコントローラーでPTZ対応カメラを操作できるだけではなく、「クリック&センタリング機能」で制御することもできます。これは、モニタリング画面を直接クリックして、クリックしたポイントを画面の中心へ移動させる機能です。
 また事前に登録したスケジュールに従い、自動的にプリセットポジションを巡回させる「プリセット自動巡回機能」も搭載しています。

※一部のPTZカメラには対応していません。 対応カメラ表などでご確認ください。


■録画の状態など、各種ステータスもチェック可能

カメラ名称の右に、録画やVioStorの状態などを表示・確認できるアイコンが設置されています。


■デュアル・ディスプレイ対応によりE-mapも連動可能

VioStorはマップ機能を搭載しています。たとえばPCに2台のモニターを接続してデュアル・ディスプレイ・モードでモニタリングし、“一方はマップ、一方はモニタリング画面”と使い分けることができます。
ビルなど複数の階層のマップをレイヤーごとに表示でき、一括管理をサポート。レイヤー上に配置されたアイコンをクリックすると、カメラのライブ映像が単画面で表示されます。


■マルチ・サーバー・モニタリング

複数のVioStorに登録されているネットワーク・カメラの映像を一括管理する機能です。
通常、NVRを管理するにはCMS(中央管理ソフトウェア)が必要ですが、VioStorは基本機能に含まれています。クライアントPCが接続しているVioStorの画面に、他のVioStorに登録されているカメラのライブ映像を表示できます。最大256チャンネルのVioStorを統合可能です(ただし、VioStor登録台数上限30台まで)。モニタリング、録画再生の他、別のVioStorの設定画面への移動も可能です。ローカルLAN接続時のみの機能です。


■インスタント再生

選択したカメラの録画映像を、別のウインドウですぐに再生することができます。また、録画データが溜まるまで待つ必要がなく、その場で直前のデータを逆再生/再生して見ることも可能です。


■バーチャルカメラ機能

あらかじめ設定しておいたカメラ映像の一部分を、別個にモニタリングすることができます。
左側のカメラリストツリーには、設定したカメラ登録名の下に、別個にモニタリングしているカメラ登録名が表示されます。これにより、どのカメラ映像の一部分が表示されているのか一目でわかります。

再生画面にカーソルを合わせると再生機能コントロールパネルが表示されます。コントロールパネルでは音声のオン/オフや帯域モードなど、各種設定が行えます。


■最大16分割同時再生

16台分のカメラ映像を同時に再生可能。接続しているVioStorだけではなく、マルチサーバー登録している他のVioStorの録画ファイルも再生できます。


■インテリジェント・ビデオ解析

「持ち込み」、「持ち去り」、「カメラへのいたずら」、「ピンぼけ」、「動き検知」の5つのイベントを検出します。イベント検知エリアやオブジェクトのサイズも設定できるので、録画再生にかかる手間を大幅に短縮し、特定の場所を重点的に監視するのに役立ちます。

※インテリジェント・ビデオ解析を使用するには、専用のソフトウェアが必要となります。ソフトウェアは、ダウンロードページよりダウンロードしてください。


■File Stationによるデータ管理

保存したデータはホーム画面の「File Station」で取り出すことができます。


VioStor Pro+シリーズは、PCを利用したモニタリングと合わせて、PCを使わない“ダイレクト・モニタリング”を行うことができます。もちろんダイレクト・モニタリングしている状態でも、PCからVioStorにアクセスすることができます。

※ディスプレイ、USBマウス、HDMIケーブルは付属しておりません。


■36分割モニタリング&ワンクリックのらくらく操作

モニタリング画面で同時に表示できるネットワーク・カメラは1~36台まで。モニタリング画面のレイアウトはドラッグ&ドロップによる操作で簡単に変更できます。


■シーケンシャル表示

登録したネットワーク・カメラの映像を順次切り替えて表示するシーケンシャル・モードでの表示が可能です。
HDMIでは音声伝送が可能です(音声対応カメラのみ)。


■ハードウェア・デコーディング機能

ハードウェア・デコーディング機能は、H.264の映像をデコードする専用のチップを内蔵することによって、VioStor内のCPUやメモリに負荷をかけずに、より快適な環境で、ローカル・ディスプレイでのモニタリングが行える機能です。


■ローカルディスプレイでの再生機能

ローカル・ディスプレイ上では、4台分のカメラ映像を同時に再生することが可能です。
録画データの確認がスムーズになることで、検索性が非常に高まり、セキュリティ管理者の手間を軽減することができます。


■データのバックアップ
■汎用AVIバックアップ 汎用のAVIに変換し、バックアップを行います。
(変換作業に時間を要するため、10〜30分程度のバックアップにてご使用ください)

■高速バックアップ VioStor内部に保存されている独自形式のAVIファイルを指定し、抜き出しを行います。
(5分単位でファイル生成を行っている場合は、指定された時間帯を含む5分単位のファイル抜き出しを行い、外部USBデバイスへコピーを行います)

※再生する場合は専用のコーデックをインストールする必要があります。ダウンロードページからダウンロード、インストールしてください。また、外部ストレージにバックアップした録画ファイルは、Windows Media Playerで再生できます。


■ストレージの冗長性を高める

データの読み書きの高速化と障害に対する耐久性の向上を図るため、RAID1〜RAID6に対応しています(機種によって対応RAIDレベルは異なります)。

■アラート通知機能

VioStorは、カメラごとに異なる録画スケジュールを設定できる他、モーション検知またはセンサーなどによるトリガーを利用したアラーム録画を行うことができます。VioStorの警告レベルは、「エラーを通知」「警告を通知」の2つを選択することができます。

■デュアルLAN端子※IEEE 802.3ad対応スイッチが必要です。

VioStorはギガビットのLAN端子を2つ(8200 Pro+シリーズは4つ)持っていますが、スタンドアロンモードでは2つの異なるIPを使用することができます。通常はフェイルオーバーモードで使用してください。

■スマートフォン・ソリューション「VMobile」

VioStorシリーズは、iPhone/iPad/iPod touchに対応したアプリケーション「VMobile」をご用意しています。VioStorのストリーミング画像をモニタリングできるアプリケーションで、VioStorの登録台数は無制限*。表示モードは1/2/3/4/6/8/9分割から選べます。一部機種では、音声にも対応*。

*「VMobile」のみの機能です。

※iPhone/iPad/iPod touch用VMobileは、PCまたはお手持ちの機器で「App Store」からダウンロードしていただけます(無料)。

※端末、バージョン、機種によっては正常に動作しない場合がありますので、導入前に必ずテストしてください。


各種ダウンロード

R.O.D Co.,Ltd All Rights Reserved.