HOME製品情報 > レーザーセンサー見守りシステムZONE D

オプション

株式会社デンソーセールス

レーザーセンサー見守りシステム
ZONE D

レーザーセンサー見守りシステム ZONE Dイメージ

侵入者が敷地に入ろうとした時点で、180°広角レーザーエリアセンサーにより、確実に検知。カメラによる自動追尾でロックオンしながら、警報サイレンなどの「音」、閃光フラッシュライトなどの「光」で威嚇し、「侵入させない」未然防止の効果と確実な画像記録を残します。

●自動追尾機能を搭載し、侵入者を見失いません。
レーザーセンサーで設定された監視エリアで侵入者を検知すると、PTZ(上下・左右・ズーム機能)ハイビジョンカメラが自動的に侵入者をズームアップし、エリア内にいる限り追尾します。
●レーザースキャンだから、誤報が少ない。
レーザースキャンにより、暗闇でも検知物の大きさ・動きを高精度で判定することが可能です。さらに、エリアセンサーにフィルタ処理を内蔵。野草、小動物、雨、雪、霧、枝葉の揺らぎなどのノイズを除去。誤報が少ないのが特長です。
●センサーとカメラ1台だから、設置コストダウン。
従来の複数のセンサーとカメラで検知するタイプとは違い、センサーとカメラを1台設置するだけでOK。これにより、設置するだけで自動追尾を開始します。

システム構成例

ZONE D システム構成例イメージ

▲ページのトップへ

主な特長

遠隔地でも、スマートフォン・タブレットで動画確認、
カメラ操作や設備機器の遠隔操作が可能

・電波圏内であれば、いつでも、どこからでも動画で状況確認できます。
・カメラの上下・左右・ズーム操作も可能ですので、見たい所をズームして見ることができます。
・照明設備・空調設備・電気錠・その他電気機器のON/OFFを遠隔操作できます。

広角180°の警戒エリアを自由に設定

パソコンにLAN接続することで、簡単に警戒エリアを設定することができます。
また、敷地の形状に合わせて、警備エリア(センサーの検知エリア)の設定も可能です。
(30m(距離)×60m(幅)センシング角度180°まで)

現地の「音」を確認しながら、 直接「声」で威嚇

・高性能の集音マイクにより、半径10〜20mの広範囲の物音や会話等をスマートフォンで聞くことができます。さらに、スマートフォンから話した声を現地で拡声できます。

侵入防止、敷地内から外に出る入居者の徘徊みまもりなど、
障害者施設様の安心・安全な施設運営を手助け致します。

●レーザーで敷地内を隙間無くスキャン、夜間は建物に侵入される前に威嚇し、不審者の侵入を防止します。

●敷地出入り口にレーザーによる“ 見えないライン” を引き、出入りを確実にチャイムでお届け。
徘徊を未然に防止する他、地域の方の訪問などもお知らせし、監視性と地域コミュニティを両立します。

ダウンロード

製品チラシ

PDF:846KB

▲ページのトップへ

R.O.Dでは、
ネットワーク・カメラを使って、
最も効率的かつ簡単に
監視システムを構築できる
スタンドアロンNVRをご紹介しています。
お気軽にお問い合わせください。